歴史研究家になりたいグウタラ願望の社長のブログ

文具・事務用品・OA機器・スチール家具などを扱う、株式会社マルハチの社長、八木幹雄のブログ。

柴五郎中佐の気持ちがよくわかる

柴五郎中佐の気持ちがよくわかる

f:id:yagimikio:20200319173753j:plain


「弾薬食料はもつか?」ではなく「マスク、消毒液はもつか?」


1900年に中国で起こった「義和団の乱」において


過激な武闘集団「義和団」にキリスト教徒や外国人が殺され始め、多くのキリスト教徒外国人が北京の外国大使館街に籠城する。

f:id:yagimikio:20200319173849j:plain

これを守る日米英仏露など八か国の駐在武官義勇兵
指揮官が日本陸軍の柴五郎中佐だった。...


救援の連合国軍が


到着するまでの二カ月弱食料弾薬の欠乏に悩まされながらも任務を全うする。

柴五郎になって経営者は頑張らなければ!


従業員やその家族のマスクや消毒液の確保に奔走中!

従業員や企業を守らなければ!

 

私のオアシスは歯医者の診療台
陽だまりの中、何も考えず横になれる唯一の場所
浮き世のしがらみや煩悩から解き放たれる
そして、この診療台は、人間工学エルゴノミクスに基づく設計なのだろう
私の爆弾たる肩の痛みも軽減出来る(完璧ではないが)
終わりましたと告げられても、台から降りたくなく
会計して歯医者を出る時、思わず「行ってきます」と言ってしまった。メイド喫茶じゃないのに…………

f:id:yagimikio:20200107163048j:plain

県知事との写真

f:id:yagimikio:20191227173011j:plain


先日、商店街の代表として県知事から表彰状を頂いてまいりました。
23年続けてきた「ベルロードちびっ子王国」が子ども子育て支援大賞で
草の根賞を頂いたのです。今年は本業の方でもSDGsパートナーで知事から認定書もいただいているので、年二回黒岩知事に賞状を頂きました。
まあ私にとって本来、賞状ってもらうものではなく、売るものなんですけどね(笑)

今年最後のドット来いはサックスライブ

f:id:yagimikio:20191226172925j:plain
f:id:yagimikio:20191226173020j:plain


土曜日28日は今年最後のドット来い
商店街は歩行者天国で11時と13時から
毎年恒例のつぼけんさんサックスライブがあります。
年の瀬に素晴らしい演奏をご堪能下さい。
常に実行委員長として数カ月先の企画を準備中で、
1月のアイドルダンス教室
2月の消防祭り、3月の警察祭りと
各団体と協議中!エンドレスなイベント企画人ですな!

今年最後のドット来いはサックスライブ

f:id:yagimikio:20191226172925j:plain
f:id:yagimikio:20191226173020j:plain


土曜日28日は今年最後のドット来い
商店街は歩行者天国で11時と13時から
毎年恒例のつぼけんさんサックスライブがあります。
年の瀬に素晴らしい演奏をご堪能下さい。
常に実行委員長として数カ月先の企画を準備中で、
1月のアイドルダンス教室
2月の消防祭り、3月の警察祭りと
各団体と協議中!エンドレスなイベント企画人ですな!

本日より3日間マルハチ本店大感謝祭

f:id:yagimikio:20191125100944j:plain

f:id:yagimikio:20191125100932j:plain

f:id:yagimikio:20191125100912j:plain


本日より三日間、毎年恒例のマルハチ本店大感謝祭です。
既に準備万端で、開店前からお客様がいらっしゃっています。

カレンダーの売り出しだと思われている方もいらっしゃいますが
特価品を除く全商品20%OFFのセールです。
政府のキャッシュレス還元もあるので、さらにお得ですが
キャッシュレス決済が最近多く、ご迷惑をかけています。
キャッシュレス決済の際は多少時間を頂きますが、ご了承ください。

小夜様、華陽院様のご冥福をお祈り申し上げます。

ヤプログからはてなブログに移り、いまいち操作に慣れず悪戦苦闘中です。

さて、昨日女優の木内みどりさんの訃報を聞き寂しい気持ちになりました。

先日、八千草薫さんもご他界されましたね。

御両名ともに大河ドラマ徳川家康」にご出演されていまして

中学生の私の記憶には本多忠勝の母親「小夜」としての木内みどりさんであり、家康の祖母「華陽院」としての八千草薫さんでした。

青年期の家康が駿府今川家での人質生活を送っている際に、故郷岡崎からの使者が「小夜」でした。小夜の夫「本多平八郎忠高」もその父「本多平八郎忠豊」も戦で戦死し、後家となった「小夜」幼い「鍋の介(後の本多平八郎忠勝)」を連れて駿府にやってきた様を見て、当初多感な家康は国元の苦しい生活に耐え兼ね、遂に「忠義の勇者の子たち」まで路頭に迷わす身の上を苦しみ逃避しますが、使者として来た。また祖母華陽院が今川方の雪斎禅師と話しそれらの後家を保護するようにした話が思い出されます。

ちなみに今、思い出しながら、この記事を書いてますが・・・泣いてます。

大河ドラマ徳川家康」は高校の頃ビデオにダビングしていただき、画面線が出るまですり減らしながら何度も見てそのほとんどのシーンを記憶しています。

今川家人質時代の今川義元役の成田三樹夫さんも、雪斎禅師役の小林桂樹さんも、家康の義理の父となる関口親永役の佐藤英夫さんも今は他界されており、私の青年時代の名優や思い出が少しずつこの世から消えて行ってます。

それだけ私も歳を取ったと言う事なのですね。

御両名のご冥福をお祈り申し上げます。